通ってる病院の先生は親子で

診ていらっしゃいます。

お聞きしたいことがあって

電話したのですが、

咄嗟になんてお呼びしたらよいか

わからなくなり、

「いつもは大先生に診ていただいているのですが

お聞きしたいことがあるのは、あの息子さん、

いや、若先生なんですが。。」

「はい、院長と副院長ですね?」

あーーそうか。そういうのか。

職業柄?問屋や、メーカーに行くと、ついつい

この方が大番頭さんだなとか、

今日は旦那さんはお休みだなとか。

最近は、あの丁稚さんいないなあ、

やめたのかなとか昔風に考えてしまいます。

ほとんど「あかんたれ」の世界です。(←家内が大好き)

きものの業界も、呉服店の息子さんが問屋さんに

修行に出たり、地方の呉服店から老舗呉服店に

勉強に出されたりする事が当たり前にありました。

(もちろん昔みたいに無給ではありません)

親のお店を継ぐことが稀になり、

最近はあまり聞かなくなりましたね。

最近のブラック企業の問題を聞くにつけ

厳しかったけど、昔のそういった制度には

情があったし、悪くなかったのではと思います。

「た」
↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ