きものと襦袢を一緒にお買いあげの時や

指定寸法がおわかりの時は良いのですが

いつもの寸法や、あわせたい襦袢の寸法が

すぐにわからないときなどは、後で

お電話で寸法をお聞きすることがあります。

ご自分で測って頂くときは

身丈や袖丈などは割と測りやすいのですが

「裄」をきちっと測るのに苦労したことは

ありませんか?。

「肩巾」の測り方にはコツがあります。

例えば、このきものでご説明すると、

(わかりやすいように、かなり大柄の方のきものです)

写真のように

背から斜めに測ると実際より長くなります。

このきものでは9寸5分ありました。

また背から真横に縫い目までだと

普通はやや狭くなります。

(9寸2分にちょっと欠けるくらい。)

正確には、

袖や肩の一番上を測るのが正解です。

わかりやすいよう背縫いの延長まで物差しを置きました。

(9寸3分ありました。)

不安なときは、ご面倒でも、

きものをお持ち頂くのが一番だと思います。

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

今日は大変遠くから、ブログをご覧になった男性が

素敵なきもの姿で御来店頂きました!!

ありがとうございました。

「み」