お店の畳が消耗してきたので

畳屋さんに裏返しにしてもらうことにしました。

(お若い方は畳のシステム知らないんでは?)

ひっくり返して、縁を替えると

新品のようになると言うのが、

まるで、着物の仕立て替えのようです。

着物にしても畳にしても、

資源が少なかった、かつての日本の

物を大事にする文化ですね。

(今は安く買って捨てちゃう文化になっちゃいましたけど)

今日の商品紹介は

しょうざんの紬と渡文の真綿の八寸帯です。

帯はザックリとして、紬向きです。

紬好きの方なら何本かお持ちですね。

きものの雪輪の柄がさりげなく素敵です。

「た」
↓今日も是非お願いいたします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ