ちょっと前の話ですが、きものの寸法が

どうも合わないので、いっぺん見て欲しいと

お嬢様と一緒に御来店頂いたお客様がいらっしゃいました。

きものは無地の振袖でタトー紙には全国チェーン展開の

「○○○」の名前。

タトー紙を開けると、

寸法を測るまでもなく、ずいぶん大きな作りでした。

そんなに大きなお嬢さんじゃなく、やや細身の

体格なのに、前巾が7寸以上、後も8寸5分以上

超ーーーふくよかな方向け。

初めてのきものだったので、すべてお任せでお願いしたそうです。

担当はかなりお若い方だったようですが、

着づらいので、見てもらいに行ったら店長らしき男性に

「こんなモンですよ」みたいなこといわれたそうです。

確かにきものは多少寸法が違っても

着方で調節出来ますが、これはちょっとひどいですね。

結局、当店で寸法を直して納めさせて頂きました。

お客さんはその分 余分な出費。

本当に気の毒で腹立たしい。

きものに限らず、世の中そういった無責任な商売、

微妙に増えてませんか?

と、久々に怒りをあらわにしたところで、話題を変えて

ビビットな夏きもののご紹介。

まだまだ「決算市」継続中。

人気ブログランキングへ