何年も前から、還暦になったらもう一度振袖が
着てみたいというお得意様がいらっしゃって
最初は冗談だと思っていたのですが、
何回かお話しするうちに
結構本気だと言うことがわかり、
それじゃあと言うことで、
お店で記念の撮影会をする事にしました。

当日はお二方が、
裾までの長コートで全身を覆い、万全を期してご来店。
若干「振り」が重そうでしたが、
まさか、中に振袖を着ているとは誰も思わなかったでしょう。

ひとりは自分が成人式のときに着た、
白地に立派な刺繍の振袖。
ぼかしの色が洋風なピンクで、
かなりモダンな柄でした。

「何だか、しょうじ としえみたいだねえ・・」
と言う彼女は、たくさんの女兄弟の末っ子で、
振袖を買ったときの経緯や、
今は亡き、お母様のことを
懐かしむようにいろいろと話して下さいました。
振袖を通したファミリーヒストリーです。

もうひとかたは、自前ではなく成人式に
お嬢さん用に求めた古典派の友禅の振袖。
箔使いの立派なこちらも豪華な柄でした。
成人式のときに自分の着たかった振袖が着られず
いつか自分の選んだものが着たいと、
ずっと心残りだったそう。
還暦になってようやく実現したと嬉しそうでした。

皆で「三度目の成人式だねえ」などと言って
大笑い、私が言うのもおこがましいですが、
お二人とも20代の時にタイムスリップしたようで
とても可愛らしかったです。

日本女性のきものへの思い入れは、
多かれ少なかれ皆さんお持ちです。
特に買ってもらった当時は健在だった
両親の思い出や愛情がより強く思い出されるのも、
この年代なのかもしれません。

今回のおふたかたには、私達は何もしていないのに
こちらが恐縮するくらい、ものすごく感謝されました。
でも一番勉強させてもらったのは私達で
きもの奥深さを改めて教えて頂く日となりました

「た」
↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ