唐帯の帯を万筋の小紋に

 

唐織りの帯は糸を刺繍のように浮かせて織ってある帯。
箔の帯に負けないくらいの豪華さがあります。

こちらはモスグリーンの地に
おしゃれな色あわせで四季の草花を表現。
唐織りの帯は留袖から色無地、礼装向きの小紋まで
お使いになれますが、今日は遠目には無地に見える
万筋の小紋に合わせてみました。

北海道は会費制の結婚式がほとんどなので
主賓との関係によっては訪問着や色留袖ではちょっと
仰々しいと感じたときにいかがでしょうか。
お茶席にもぴったりな
ちょっとモダンでおしゃれな唐帯の袋帯でした。

「た」↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

前の記事

刺繍の染帯

次の記事

差が広がる着物の知識