こんばんは。

今月が終わるとやってくる「薄物の季節」

絽や紗などは薄物として

割とメジャーですが、

「羅」(ら)はご存じですか?

薄物の織り方としては一番目が粗く(隙間が多い)

ザックリとした織物です。

今日はそんな「羅の帯」をご紹介します。

なんといっても目が粗いので

風が抜けてとても涼しく感じられます。

また、見る方にとっても涼感を与えます。

夏帯というと白地が一般的ですが

夏のきものも白っぽい物が多いので

こういった色のはっきりした帯があるととても便利。

白っぽいきものでも、やや黒っぽいきものでも

華やかに夏らしく合わせられます。

羅の八寸帯は値段が極端で、ネットで検索しても

一万円前後の海外産から

西陣の物となると一気に20万円以上になり

その中間の物が少ないと言う状態です。

そんな西陣の「羅の八寸帯」をブログをご覧いただき

御来店頂いたお客様に特別価格で!

目の粗さは四角の大きさがやや5mm四方。

色物のしっかりとした夏帯ご希望の方いかがですか?

今日は久方ぶりの「旦那」のほうでした。

◇ 西陣 泰生織物  羅八寸帯
   お買いあげありがとうございました

↓いつも応援下さり感謝しております。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

<iframe style="background-color: rgb(255, 255, 255); margin: 0px; padding: 0px; border: 1px inset; width: 100%; height: 200px; display: block;" src="http://pub.ne.jp/broach/admin/js/blank.html" id="entry_wrapper"></iframe>