こんばんは。

前にも書いたことありますが。

私、きもの関連の本を目にすると買ってしまいます。

新しい本はもちろんですが、古本屋で見かけた

和裁、着付け、お稽古事の本など結構好きです。

きもの教室の教科書なんてとても面白いです。

裏に名前が書いてあったり、たくさん書き込みがあったりして

熱心に勉強したんだなとか、花嫁修業だったのかなとか

勝手に想像します。

昭和50年から60年前後のが多い気がします。

お稽古ごと全盛だったのか?

きものの解らない事を調べるのに

重宝するのが、きもの雑誌の付録。

コンパクトで知りたいことが端的に書いてあるので

とっても使いやすい。

うちの店にある、とってあった「美しいきもの」の付録本。

色々あるけど、今でも現役です。

↑これなど、男物のことで迷ったら、最初に手に取っちゃいます。

出ているモデルさんも、時代を感じさせます

付録本なのでつい捨ててしまいそうですが

とっておくと、あとで結構重宝しますよ。

裏の発行年を見たら昭和61年。

ちょうどお店が開店した年でした。

「た」
家内の今日のきものを見に来た方、しょうもない話しですいません。

↓↓↓気が向いた方は是非。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ