「芳町」「右近」「舟型」「千両」「小町」

さて、何のことでしょう。

字だけ見ると何だか、花街か居酒屋の名前のようです。

きもののブログをご覧になる方には

やさしすぎですね。

そう「下駄」の型の名前です。

今日は中でも割とメジャーな

「右近」タイプと「芳町」についてです。

右近は今、もっとも数が多いと言っても良い

草履タイプの下駄です。

ゆかたセットの下駄や、ユニクロで売っていた

下駄もこの「右近タイプ」です

歯が立っていないので、履きやすく、

サンダル感覚で履けます。

ホテルの絨毯で履いても、二つ歯の下駄ほど嫌な顔をされません。

でも「下駄」と言って思い出すのは

やはり歯が二本たった「二枚歯の駒下駄」ですね。

「芳町」は二つ歯の代表型で

もともとは浅草、芳町の芸者さんが

好んで履いたらしいです。

履き心地は「右近」とは違って、カクカクします。

履き慣れないと階段や、エスカレーターは要注意です。

(特に下り、男性も同じです。転けたら大惨事)

履いた姿はそれぞれお好みがありますが、

浴衣には、二枚歯の「芳町」が「シュッ」としてて私は好きです。

他にもいろいろな型や素材、塗りがありますので

来週からの売出でご覧下さい。(軽く宣伝でした)

━━ 予   告 ━━━□ お好きな台と鼻緒で立てる「履物」□

移転15年記念。単衣のお勧め品がいろいろ展示予定です。

4月22日(月)~27日(土)

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ