こんばんは。

9月だというのに暑い日が続きますね

今日は帯揚についてです。

帯揚の仕入で、いつも思うことがあります。

帯揚はだいたい半分の半分の長さにたたんで

袋に入れられ販売されていますが、

例えばこんな感じです。

写真のように売り場で見る柄と

実際に使って出る柄が違うので、注意が必要です。

この帯揚だと、前に出るところは

結び方にもよりますが、だいたいこんな感じですね。

地色の紫のイメージがありましたが

使うときは、ぼかしの淡い色の部分が多くなります。

帯揚を選ぶときは

袋から出して、どの辺が出るか見当を付けてから

お買い求めになると良いと思います。

「み」

↓いつも応援ありがとうございます。
 ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ