ブログで商品紹介を書いていて
いつも思っていたのですが
着物の写真がどうしても実物通りに写りません。

化繊のきものとか浴衣は色がはっきりしているので、
実物以上に!?良く写るのですが
微妙な染め色の高級品ほど暗く、じみに写ってしまい
いくら色補正しても、元の色を出すことが出来ません。

とくにお茶人が好まれるような、品の良い淡い色目は
実物の良さを解って頂くのはかなり難しいと思います。

ネットでそれらしい着物を扱っているところを見ても
やはり写真映りが悪く実物の良さが
正しく伝わってないと思います。

そうすると、
発色の良い濃い色のきものしか
売れないような気がしますが実際はどうなのでしょう?

たまたま和装品を
ネット販売している方にお話を聞いたら、
やはり写真映りの良い濃い色の商品が売れるけど、
淡い色はなかなか売れないとおっしゃっていました。

お客様好みの難しい色目。
体型に合わせた着やすい仕立てなど
呉服店が本領発揮できる分野です。
「た」

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ