「織りの着物に染の帯」の呪縛

年末年始、きものでご来店くださる方が多く

誂えていただいた私どものきものが

実際にお召しになる姿を

拝見できるのでとても感激します。

お着物姿なので、小物合わせや帯合わせの

話になるのですが、

時々出る話題が「織りの着物に染めの帯」に

こだわる方が少なからずいらっしゃること。

お店のお客様は「染帯」好きな方が多いので

紬だけではなく、小紋や、付下に染帯を使われる方も

多いのですが、周りの方に「染」には「織」だと

頑なにアピールする方がいらっしゃるようです。

私が思うに、染のきものの「小紋」に染帯を合わせても

柔らかく女性らしい感じがとても素敵だと思います。

染か織りかというより、色わせや、季節感、小物合わせ

などに目がいってしまうのは私だけでしょうか?

こういった、「○○には○○」と言った話は、

結構あって、それはそうなんでしょうが

それにこだわり過ぎると、かえってきものの良さが

狭まってしまう感じがします。

皆さんどうお考えですか??

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。