久しぶりに店主です。
たまたま用事で、札幌駅や四丁目付近を通るとき
思い立って呉服売り場や呉服店を覗いてみることがあります。
と言っても、呉服店激減中で見て歩けるところも
そんなに多くはありませんが。
いろいろ見たいのに販売員が寄ってきて
ゆっくり見られないと良く聞きますが
アラフィフおじさんには無縁です。
ほとんど近づいてこないし
たまに「紳士物ですか~~」などと優しくお声を
掛けてもらって、ちょっと嬉しいくらいです。
ときどき普段の癖で、無意識に凄い勢いで反物を
巻いてしまい、販売員に「無言で引かれる」ことがあったりして
身についた日々の行動が恐ろしく感じます。
で、思うのは昔と比べて、「良いものがなくなったな~~」
と思うのと、「どうしてこの商品がこんなに高いのか」
分からないものが多くなったこと。
若い頃は商品勉強の為に有名百貨店の見て歩くと
溜息が出るような素敵な商品があちこちに
飾ってあり、お値段も良心的でした。
今はそういった商品はとても少なくなりました。
そのほか大型店のテナントに入っている呉服店のほとんどが
色鮮やかなインクジェット振袖の販売やレンタル専門店に
なってしまいました。
きものの知識が、一般の方にほとんどない状態になり
お客様から最近聞くのは、素人扱いしたいい加減な商品説明。
振袖を見に行った方が、生地の薄さを指摘したら
「絹が少なくなってる」言われたそう。
きっと、それで納得する方も多いのでしょう。
時代を感じます。
「た」
↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ