お母さんのあの着物、貴重品かも!?

 

 

売出と併催で着物のご相談会を先週開催したら

思っていた以上に、洗い張りやお仕立て替えを承りました。

前回ブログにも書いたとおり、着物のお手入れや仕立て替えは

呉服店の重要な仕事の一つです。


昔の着物をお預かりする度に思うのが

「ものが良い」というか「手を抜いてない」ものが多いこと。

これ、今買ったらどれくらいになるんだろう。

などと余計なことを考えてしまします。


どの業界でもそうですが、最近はとにかく利益を最大限に出す為に

しのぎを削っているのは分かりますが、

志の低い「あわよくば」みたいな商品がとても多くなったと

思うのは私だけでしょうか?

 

お母様からいただいたあの着物。

皆さんが思っているよりずっと貴重品かもしれませんよ!!

お仕立て替えなどのご相談はお気軽にどうぞ。

「た」

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

次の記事

絵絣の暖簾