人間にもいろいろな正確があるように

変な話、着物にもいろいろな性格があるように感じます。

留袖や、付下、紬などの分類とは違って

その着物自体のもっている、価値とか値打ちの話です。

着物業界で50歳と言ったら

お客様にも、問屋にもやっと一人前に

相手をしてもらえるといった感じですが、

それでも、商品の筋とか価値については

かなり分かってきます。

呉服店や、デパートのウインドウショッピングを

して歩いても、商品の顔を見ていると

このお店がどういうポリシーをもって

着物を扱っているか、何となく分かります。

最近特に多く感じるのは、

とにかく「売れれば良い」という姿をした着物。

そこまでじゃなくても

品質や、手間を落として、体裁よくしたきもの

「志の低いきもの」とでも言うのでしょうか。

そんな着物が増えている気がします。

やはり着る方が少なくなって、

善し悪しが分かりづらくなったのと

どんな手段を使っても、売上をと言う

風潮と売り手側の責任ですね。

ちょと悲しいお話でした。。。。

「た」