きものは沢山見ているうちに

だんだん目が肥えていきます。

長年きものを着ているうちに

お似合いする物や欲しい物が

だんだん変わってきますが

それは、年代による顔写りや好みの変化も

ありますが、自覚はなくても、明らかに

「目が肥えてきている」のではないでしょうか。

最初は「色」や「柄」重視だった方も

だんだんプラス「質」を重視するように変わってきます。

最初「これ良いな」と気に入って買った物でも

何年も経って、なぜこれを選んだのか

よく分からなくなる時がありませんか?

それは、洋服でも宝石でも何でも同じだと思います。

だんだん「舌」が肥えてきて、良いワインや食べ物しか

口に合わなくなっていくのと似ています。

最初は井桁に積んだお値頃の小紋を

ご覧になっていたお客様も、そのうち

全然興味を示さなくなります。

いくら安くても、全然「ノー、リアクション」です。

そのへんがきものの「恐ろしいところ」でしょうか。

でも、「善し悪し」が分かる、「目が利く」というのは

身につけていて損はないし、とても大事な事だと思います。

でも、お店としては、これからの時代

どこに重心を置くか、品揃えに悩みます。

さて、明後日から4月。暖かくなって

ようやく、きものも着やすくなってきますね。

お出掛けの際は是非お寄り下さいませ。

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ