きものの色焼け注意

だいぶん前の話になりますが

前の店舗から引っ越し先を探すとき

母親をはじめ年配の方に

「西向きのあまり日当たりの良い店舗は

呉服店に向いてない」と言われました

そのこころは

あまり日当たりが良いと「商品が色焼けして変色する」

ということ。

そういえばあまり西日のきつそうなところに

出店している呉服店は少ないなと思った記憶があります。

呉服店は商品の色焼けに、とても気を遣います。

商品をウインドウに飾るときも、細心の注意が必要です。

紬や帯などの織物は、そうでもないですが

後染めの商品は要注意。

特に青系、藤色、紫、グレー、それに草木染などの

天然の染料も色焼けしやすいです。

室内なら良いかというと、そんなことはありません。

あまりきつい照明のを当て続けると焼けます。

ウインドウに飾ったきものは明るく照らしたほうが

きれいに見えますが、商品のためにはなりません。

(美術館などは高価な専用のライトを使ってるそうです。)

タトーシの窓に日が当たって、窓状に色焼けしたり、

タトーシにしまったままでも、変色することがあります。(ガス焼け)

やはり、昔から言われてる通り虫干しし、点検するのが有効です。

万一変色してしまったきものがあったらご相談ください。

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。