こんにちは。今日も女将ではなく旦那の方です。

お着物好きのお客様と会話していると

つい時間を忘れて、長い間話し込んでしまうことがありますが

今日はお客様や家内からよく聞く、

きものを着ていて、得したこと、うれしかったことについてです。

良く聞くのは、他の人から「やさしくされる」こと。

例えばドアを開けて待っててもらったとか

雨の日、タクシーでおりる場所を気を遣ってもらったとか。

女性はちょっとした心遣いがうれしいんですね。

うれしいかどうかは、個人差がありますが

知らない人からいきなり「声をかけられる」というのも

良くあることのよう。

だいたい年上女性の方が多いようで、いきなり

「褒められる」みたいです。

地下鉄の中で「褒めちぎられて」赤面したといっていた方も。

そういえば、きもの姿の家内はサッカーワールドカップの時

大通駅でイタリア人の一団に囲まれ、代わる代わる

一緒に写真取られまくったうえ、地下鉄が見えなくなるまで

見送ってくれたと言っておりました。

かなりの高確率なのは

レストランなどで、良い席に案内されると言うこと。

国内はもちろん、海外では特にそうらしいです。

これは「良いお客様」「粗相があってはいけないお客様」

と判断されたのもあるのでしょうが、

わざわざ、きものを着て御来店頂いたという店側の

感謝の気持も大きいのでは。

他にもいろいろ聞きますけど、

皆さんはどんなうれしいことありました??

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ