披露宴向、訪問着などの礼装のきもののご注文が
少なくなり、さらに夏物となれば
「いったい何時着るの」などとよく言われますが!?
お稽古をなさっている皆様にとって
薄物の訪問着や付下はまだまだ根強い需要があります。

いろいろとお稽古事をなさっている皆様にとって
夏のこの時期は意外と行事の多い時なのです。

季節感を大事にする和のお稽古事は
流石に袷を着るわけにもいかず、
涼しげな絽や紗のおきもののご注文をいただきます。

今夏は夏物処分市の中から、横段の訪問着を一枚ご紹介致します。

軽く羽織ってもらいました。

P1120232

地色はほんのりとオレンジがかったクリーム色。
疋田柄で横段の柄。

 

淡い色目なので上品な雰囲気で装えます。
帯も定番の白地の帯で優しく、
ちょっとすっきりさせたいときは黒地の紗袋帯で。

きちっとした夏の礼装の着物は着る方も、見る方も
「凜」とした気持ちにさせてくれますね。

「た」↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ