こんばんは。

すっかり日が短くなりました。

今日は旦那の方です。

先日、久しぶりにお気に入りの紬のアンサンブルの

たとう紙をあけてびっくり。

なんと衿の部分が完全に茶色く変色!!

そういえば、着たとき汗をかいて、

棒衿のところか結構湿っていたのですが、

きものハンガーにかけて

数日したらきれいに乾いていたので、

無意識にそのまま、しまい込んだ事を思い出しました。

お客様には、シーズン終わりに必ずシミ抜きを

おすすめしてるくせに、自分のきものが撃沈!

(紺屋の白袴か、とほほほほ)

職人さんに見てもらったら「シミ抜き」では

きれいにならず、結局黄変抜きと、色掛してもらうことに。

数千円で済んだであろう加工代が、

かなり高いものについてしましました。

衣替えの季節ですが

皆さんも、たとう紙にしまうときは

きものの点検をお忘れなく。

見た目何ともなくても、一年経って出してみたら

汚れが浮き出てくること、結構あります。

皆さんもそんな経験ありませんか?

↓いつも応援ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ