付下などの礼装のきものは無難に

おとなしい八掛でまとめても、

紬やカジュアル小紋の八掛は

「お洒落に選んでみたい」とお思いの方も

多いのではないでしょうか?

八掛は本人が思っている以上に目立っています。

やはり基本の選び方は

同系色の濃淡、

反対色、柄の中のひと色です。

でも

「んーーーこの八掛素敵な色ですね!!!」と

うなってしますような色は

意外とこの法則に当てはまらないような気が。。。

長年きものを着ている、着慣れた感じの年配の方に多いです。

襲色目(かさねいろめ)のようなとても

素敵な組み合わせの方がいらっしゃいます。

また、そういう方は「このきものには、この帯や小物」と

頭の中でコーディネートしてから

八掛を選ばれているのかもしれません。

同色を合わせた方が帯や小物もあわせやすいので、

最初は無難にまとめた方が良いと思います。

こだわり派の方は

八掛の見本帳にない、お好みの色を

染めてみるのも良いかもしれません。

◆ご連絡◆
 12月3日(月)11:30の開店となります。勝手ながら宜しくお願い申し上げます


「た」
↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

■予告 
恒例 「歳末感謝祭」 12月5日(水)スタート