内揚げは、何かの最終日にみんなで盛り上がる

飲み会ではありません。(それは打ち上げ)

きものの中に揚げをとって

縫い込んでおくことを言います。

たとえば洗い張りして着物を仕立て替えるとき

内揚げが多めにとってあると、

身長が高いお嬢様でも大丈夫です。

古い物はもともとの用尺が短いので、仕方がないのですが

そうでないものも、なんでこんなに少ないのかなって

思う時があります。

それらのきものが仕立てられた当時のことを

思い出してみると、(30年くらいまえか??)

そういえば、その頃、残布で何か作るのが流行ったことが

ありました。

ショールだったり、草履だったり。

内揚げを多めにとるより、残り布にして

何かを作り、それをセールストークの

一つにしていたような気がします。

(当店では当時から内揚に入れることをおすすめ)

当時の揚げが少ないのは、そのせいかな?

とにかく残布が多いと、何か他のものが

つくれると、喜ぶお客様も多かったような。。。

どっちが良かったのか、それぞれですが

紬や小紋を仕立てるときは、

柄合わせも考え、もたつかない程度に

内揚げを多めにとった方がのちのち、助かると思いますよ。

「た」

 

いつもご覧いただいてありがとうございます着物・和装ブログランキング参加中です

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ