きもののネット販売を見ていると

「へーこれはお買い得だな~~」とか

「これにこの値段はないだろ、」などと思わず、

ぶつぶつ言ってしまう時があります。

きもの初心者の方にとってきものの値段は

特に何がなんだか解らないのではないのでしょうか。

それは実店舗でも同じ。

今はお買い得感を醸し出すため

二重価格で販売するところがとっても多いです。

二重価格とは元値たとえば18万円の小売価格に

赤札で5万円とか半額とか札を付けること。

昔は絶対にしなかったデパートでも

78万円の訪問着が198000円とか

当たり前に付けるようになりました。

ほとんどのお店でそうした値付けを

しているところを見ると、おそらくそうした方が

売りやすいのだと思います。

つまり、そのもの本来の値段ではなく

いくら安くなったかの値引率でお買いあげになる方が

以外と多いのかもしれません。

でもほとんどの場合、その赤札ぴったりの値段では

なくてもだいたいそれ前後の値段で販売していて

がっかりしたことありませんか?

特に、買いやすいお値段の商品は、出所がほとんど同じなので

多少は違ってもどこでもだいたい同じだと思います。

値引率はだんだんエスカレートするので

最初はびっくりしていた半額市も

そのうちに当たり前になっていきます。

ですから九割引などと言う信じられないよなお値段が

付いているときもあります。

元の値段を高く設定しているだけの話です。

賢明な皆様には言うまでもないことですが

その商品のそのものの価値を考えて

その品物が自分に似合うのか、

またお持ちの物には合わせれるのか、値引率に

惑わされることなく、お考えのほどを。。

そうは言っても、かなり「きものツー」のお客様でも

結構「勉強代」が掛かっているようですよ?!

週末はお得意様の振袖の着付させていただきました。
お年頃になると、どんどんお綺麗に。思わず目を細めておりました。

「た」

↓是非!!
人気ブログランキングへ