先日、同業者や問屋の方々と雑談していたときに

おもしろい話題となりました。

京都の問屋の営業マンが

街でとても着物の似合うすてきな方を目にし

居ても立ってもいられなくなり、勇気を出して

「とてもすてきな着物ですが、参考までにどこの着物か

教えていだだけませんか」と声をかけたそう。

返ってきた答えが「これ、化繊なんです!」

そう言われて、かなり足早に退散してきたらしいです。

そのときの感じが目に浮かび

自分には関係ないような顔をして、大笑いしてきましたが

そういう私もついこの間

「○○さん、今日の着物すごい素敵ですね!!ばっちりお似合いですよ!!」

「そうお~~~でもこれ化繊よ~」

「(はうっっ!!)」

お得意様に「あなたは化繊のほうが似合う!?」

と失礼なことを言ってしまったと同時に、

「ここの店主は化繊と、正絹の区別もつかない」という

二重の恥ずかしさ。

天気が怪しい日などは、絹物ではなくて

たまに化繊のものをお召しになる方も結構いらっしゃいます。

でも、全然そう見えないし、いつも素敵なの着物を

着ていらっしゃるので、多分今日もそうなのだろうと

思ってしますんですよね。(言い訳ですけど)

この話、結構「きもの屋あるある」ではありませんか?

同業者の皆さんいかがでしょう??

「た」

いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ