「居敷当てはお付けになりますか?」

お店では、単衣や薄物、襦袢をお買いあげの方に

必ずお聞きしています。

居敷当てとは、後身頃に付ける白地の補強生地の事です。

特に正座する事の多い方は、縫い目のめざけの防止や

薄物は、透けの防止にもなります。

残り生地などででヒップのところだけ付けたり

広巾の別生地で腰から下、脇から脇まで付けます。

お店では広巾の正絹の生地で、素材によって

洗える物は化繊や、綿麻の居敷当てを使用し

脇まで付けています

↑広巾正絹居敷当ての反物

ヒップのところだけ付けると、

物によっては縫い目が目立ってしますので

注意が必要です。(時々見かけます)

居敷当てを付けると、その分ちょっと暑くなります。

ふくよかな方は暑がりな方が多いので

居敷当てを付けると、よけいに暑くなりますが

付けないと、数回着ただけでおしりの背縫いが、

目ザケする方もいらっしゃいます。

目ザケ防止か、涼しさ重視か、悩ましいところですね。

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ