7月に入りましたが今日は薄物ではなく
敢えて単衣の付下げのコーディネートをご紹介致します。

袷・単衣・薄物ときものの衣替えも三つの時期に分かれ
袷の時期のきものがメインで、特に単衣の着物は、
脇役のようなイメージがありますが、けっしてそんな事はありません。

6月・9月は結婚式、披露宴や茶道、華道などのお稽古事の
行事がとても多くあり、意外ときものを着る機会が多いのです。

特にこの頃の札幌はすでに灼熱の内地と違って、ほどよく暖かく、ほどよく涼しい
きものを着るには程よい季節ではないでしょうか?

P1120025

P1120027

花菱の柄の品の良い付下。よく見ると地紋も花菱の柄。
帯は変わり絽の名古屋帯を合わせてみました。
白地のきもので控えめに、エレガントに。

決算市好評開催中です!

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ