来月からは衣替えで、裏地の付かない

「単衣」のきものの時期になります。

今日はそんな単衣向きの商品から、付下をご紹介。

 

6月は気候がとても良いので、婚礼やお茶会など

一年の中でもきものを着る機会が、とても増える月ではないでしょうか?

 

 

こちらの付下げはアイボリーの地色に、白抜きの柄。

こういった微妙な色合いの淡い柄は

写真に写すとイメージが変わってしまうのですが

実物は品があって、とても素敵です。

手描の友禅で染められています。

上前には淡い花の刺繍が施され、大人しいアクセントになってます。

 

やはり単衣にぴったりの山代善三さんの帯を

コーディネートしてみました。

 

婚礼や茶席に季節感があり、

控えめに装いたいときにぴったりのきものです。

 

 

呉福屋今後の予定

5月22日/23日 / 店外催事 春のひしの美会

5月27日~31日 / お買い得品準備中!!創業祭

 

いつもご覧いただいてありがとうございます

「た」

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ