鱗柄の襦袢が厄除けになることはご存じですか?

長いものや、鱗柄のものを身につけることが
女子の厄落としになるそうです。

少なくなってきたとはいえ、
今でも、厄年のお嬢様がいるお母様が
正月から、節分にかけての今時期に
鱗柄の襦袢や伊達締めなどをお買い求め下さいます。

今日はそんな鱗柄の襦袢のご紹介。

地紋が鱗柄になっていて
色は淡い色目。全体にぼかしてあります。

厄年の時だけ着るのではなく
もちろんその後もずっと着られます。

お母様に買って頂くのではなく
以前は、ご自分でお求めになる方もいらっしゃいました。

赤白の鱗襦袢も良くご注文頂きましたが
最近はあまり見掛けなくなりました。

こういった伝統がなくなりつつあるのは
寂しいですね。

「た」

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ