こんばんは。旦那です。

今日は暖かな日でした。

最近、お母様からいただいたきものを

着たいという方が、かなり増えています。

20年~30年位前のものが多いです。

ものによって、かなり古くさく感じるものもあるし

今でも作られているような現役の商品もあります。

振袖や訪問着、付下げなどの礼装のきもので言うと

加賀友禅や京友禅のなどの上質な古典柄は

全く現役で、古くささは感じません。

今でも素敵に着こなして頂けると思います。

でも当時、流行していたモダン柄は

(あの当時超、売れたんです)

正直「ん~~~」と思うことがあります。

当時は最先端だったのに、逆に今では

中途半端に古くさくなってしまってます。

そう考えると、本流の古典柄は何十年経っても

変わることなくお召しになれます。

紬は礼装のきものほど、流行はないと思います。

ただ、まぶしいくらいの赤やオレンジの八掛が

付いていることが多いので、派手なのが嫌いな方は

洗い張りのついでに八掛を替えて見るのも一案です。

雰囲気が大分変わります。

「た」

↓いつも応援ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ