季節の変わり目は「きもののお手入れ」を

承る事が多いです。

今頃は「卒業式」や謝恩会などに

着たきもののシミ抜きを多く承ります。

ブログで何度も書いていますが

丸洗いでは全体的な薄汚れや軽いシミは

きれいになりますが、がっちり付いたシミは

「シミ抜き」をしないと、丸洗いだけでは

きれいになりません。

そういうきものは、職人さんに外注に出します。

長年のつきあいのある、修行を積んだ職人さんです。

最近は、リサイクルきものが人気なので

とても忙しいのかと思いきや

話を聞くと、そうでもないらしいです。

古い物はシミが定着してしまい、だいたい「黄変」

しているので、全体に直すとなると

そこそこの工賃がかかり、

買ったお値段よりも高くなってしまうかららしいです。

呉服店のお手入れの仕事は

お客様の要望をお聞きしながら

預かった着物をよく点検し、職先を判断します。

手をかけれない物、かけても変わらなさそうな物は

そう伝え、職人さんじゃないと判断できない物は

預かって見てもらい、費用を見積もってもらいます。

御母様から頂いた物、きれいにしてお嬢さんに

着てもらいたい物など

大事にしているきものも安心してお任せ下さい。

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ