先日読んだ本の中に、聖書の中にはギリシャ語の

「ヘリキア」という言葉があって

「寿命」とか「背丈」とかいった意味と同時に

「その職業に適した年齢」と言う意味があるらしい。

自分ではどうにも出来ない事という意味も含むようです。

最近は年功序列が崩れて実力主義に

変わってきているけど、確かにその職業にふさわしい年齢

って言うのはある思います。

極端に若いお医者さんより、白髪の医者の方が

経験も技術も上のような気がするし

あまり若かったり逆に老齢のパイロットはなんだか心配です。

それでは呉服屋の店主とか女将の年齢は

いくつくらいが適齢なのでしょう?

まあ、人によって大分意見は違うでしょうが

個人的な感覚ではやはりある程度、年を重ねてから

いわゆる中年以降がふさわしい年齢のように思います。

私も家内も、20代の頃からこの仕事をしておりますが

その頃はむしろお客様に教えていただく事の方が

多かったし、おそらく年配のお客様には物足りなかったのでは

ないでしょうか。

教科書的な商品知識は、がんばって身につけましたけど

母親が遺して下さったきものを

子育てが一段落した今、着たいと思う気持ちや

結婚前のお嬢様にきものを誂える親御さんの心遣いを

切ないくらいに感じるのは、中年期以降のことです。

若い頃あこがれた風格みたいなものはまだまだですが

きものに携わるものとしては、良い年齢を迎えつつあると

勝手に思ってます。

皆様はどう思われますか??

「た」

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ