街でみる着物姿、いいですよね。思わず目を細めてしまいます。
いろいろと自分なりに現代風にアレンジしてお洒落に着ていらして、
とっても素敵です。
ちょっと気になるのは、若い子に限らず、寸法のこと。

特に裄と袖丈、まず裄の長さ自体があっていない方が・・
だいがい、きものの方がかなり短いように思います。
おそらくいただき物かリサイクルのきものだと思うのですが、
手のぐりぐりより10センチ以上も腕が見えてるときや、
小柄な方が信じられないくらい大きなきものを着ていることも。

きものと襦袢の寸法が合っていない、パターンもよく見かけます。
裄が襦袢とあっていなかったり、袖丈が襦袢と合っていないと
袖から襦袢がはみ出たり、振りから出てきてこれまた、
格好良くありません。
(下着が見えているのと同じですから)。

寸法の合っていないきものはは着付けでリカバリー
できないことがよくあります。
誂えるときはきちっとプロの方に、採寸していただく事。
見本のきものが間違っている事もあります・・。

既製品やリサイクル店でのお買い物時は、
身丈だけではなく裄や袖丈にも気を遣うとさらに
素敵な着こなしができると思います。

by

呉福屋ホームページへ