テレビで見たのだけど
オバマ前アメリカ大統領はいつも服装が同じだったそう。
同じブランドの紺とグレーのスーツ二種類しか着なかったそうです。
本人曰く「こうすることで私が下さなければいけない決断が減る!」!

ひっくり返して言えば服装について考えることは
それだけ消耗すると言うことなのでは。

きものも着慣れてくると、その日に何を着ようか?
また、そのきものに合わせた帯あわせや、小物あわせに頭を悩ませます。

格、季節感、場所によっては
他の方々のきものにも配慮しなければなりませんね。

「そんなことを言っているから、きもの離れが進むのだ」と
言う声が聞こえてきそうですが、それがまた着物の楽しみでもあり、
バッチリ決まったときはとても幸せな気持ちになるようです。

心当たりのある方はすでに、
どっぷりときものにはまっていると見て間違いありません?!

とくに帯締めや帯揚げのコーディネートは
「着物や帯の一色を持ってくる事が基本」と、
どのきもの本にも載っていますが、
思いがけない色がとっても素敵になることがあります。

きもの選びや帯選びと違って、
つい後回しにしたり、頼んでもいないサービス品で
間に合わせたりしてしまいがちですが、
じっくり選んだ小物は素敵な着こなしには欠かせません。

「た」
↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ