お持ちの単衣や、薄物のきものには

何色の背伏が付いていますか。

夏物のお仕立ては、裏地を付けないので、

衿裏、背伏、好みによって居敷当てを使います。

背伏は色数が少ないので

(年々色数が減っているのも、時代でしょうか。)

きものにぴったりと合う色は

なかなかありません。

だいたい似た感じの色を合わせるか

合わないときは、白地を使っています。

背伏で気を付けなければいけないのは

薄物など透ける生地は、色によって、

襦袢を着たときに背伏が、背中にそって一直線に

透けて見えてしまうことです。

薄物にあわせるのは、だいたい白地の襦袢なので

背伏が濃い色だと、色が透けてしまします。

薄物の背伏選びは下に着る襦袢の色も考えて

注意して選ぶと良いと思います。

また、洗える素材のは、正絹ではなくて

「シルック」などの洗える素材を使います。

意外と大事なところです。

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ