近年、お母様の御召しになった

「振袖」をお嬢様に着せてあげたいという

リクエストがとても多くなり、

小物あわせのお手伝いをさせていただく

機会が増えています。

流行の少ない

古典柄を選ばれている方は

今の立派な振袖と比べても

お嬢様が着て全く遜色ありません。

ただ、全体的なテイストが若干

時代を感じさせるときがあります。

そんな時は帯〆や帯揚、重ね衿

草履やバックなどの小物を

替えるだけで、雰囲気ががらりと変わります。

最初はちょっと引いていたお嬢様も

「まあ、これなら納得」くらいの振袖姿が出来上がります。。

先日そんなご注文があり、

合いそうな小物をいろいろ、探してみました。

「振袖」の小物はきれいな色が多いので

お店の中もぱっと華やかになります。

「た」
↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ