ゴールデンウイーク前に片付けたストーブを
寒くてまた引っ張り出すほど、肌寒い日が続いています。

今ひとつ夏物の雰囲気になりませんが、
今日は夏の着物と帯のご紹介

鉄紺の絽の小紋に博多の紗八寸帯。

柄は間隔の大きな霰の散らし模様。

帯は博多織りですが、
代表的な独鈷柄ではなくてよろけ縞。
経糸に箔を使った羅織りで
角度によって箔がひかり
あらたまった感じにもなります。

薄物だけではなく単衣のきものでも素敵。

軽い柄の付下げくらいまで使えます。

「た」↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ