真綿の夏八寸帯

 

これからの時期に使える、単衣や薄物向きの帯のなかでも

ちょっと」とめずらしい、真綿の夏八寸帯です。

 

P1110594

 

優しげな夏の紗の紬の上にのせてみました。

 

手引きした真綿糸でふわっと織られています。

八寸帯なので帯芯が要らず仕立て上がっても

とっても軽く、涼しげなのが特徴です。

 

P1110597

 

一枚になると向こうが透けるくらい薄く織られていますが

張りがあって締めやすそうな織りです。

品の良い唐花の柄です。

 

夏物がいろいろの「創業祭」で是非ご覧下さいませ。

31日(火)までです

 

 

最近、ブログをご覧になってはじめてご来店頂ける方が

増えていてとても嬉しく思ってます。

今日も浴衣の反物をご覧になりに遠くからお越しいただきました。

ありがとうございました。

どこかで見ていて下さる方、いらっしゃるんですね。

 

呉服屋というと入りづらい雰囲気があるみたいですが

押し売りは一切ありませんので、気軽に覗いてみてください

 

ブログもサボらないで、頑張って更新しなくては。

「た」

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

前の記事

竺仙 奥州小紋