来週から「YOSAKOIソーラン祭」

それが終わると「札幌祭」

いよいよ浴衣シーズンの到来です。

近年は「ゆかた」は呉服店ではなく

スーパーや、アパレルのお店で扱う物となってしましました。

多色使いの、柄の多い浴衣が流行ですけど

昔ながらの「白地」や「紺地」のスッキリとした浴衣も素敵です。

まだ反物の状態なので、他のきものと同様

お客様の寸法に合わせて「お誂え」になります。

お誂えには専門の知識が必要なので、

ここが呉服店の腕の見せ所です?!

体にあった自分だけの寸法と

風合いは、プレタの浴衣にはない良さがあります。

きもののように、名古屋帯でお召しになりたい方は

広衿にする方が多いようです。

プレタ浴衣とそんなに変わらないお値段で誂えることが出来ます。

通常3週間ほど頂いております。

ワクワクしながら、出来上がりも待つのも良い物ですよ。

人気ブログランキングへ