季節の変わり目。

きもののお手入れを承ることが

多くなってきました。

特にお仕事などで毎日のように着られる方は

衣替えのたびに、大量に出されるので

シミの点検や、職先の選別など結構大変です。

お金をあまり掛けたくないのは

皆さん同じですので、効率よく

汚れの程度や、種類によって丸洗い、シミ抜き

汗抜き、プレス、補修縫いなど

それぞれの加工先にお願いします。

できる限り全部きれいにしようとすると

費用もそれなりに掛かってしますので

職人さんとのやりとりや、加減がとても難しいです。

最近は格安なのはいいけど

信じられない位、いい加減なところも

あるみたいなので注意しましょう。

私が見た、お客様の持ち込まれた紋付きは

「きせ」(縫い目を隠す折り目)が

プレスでみな伸ばされ縫い目が丸見えでした。

完全な素人仕事ですね。

大事なきものは専門のお店が安心です。

さて、紅型の染帯の展示も明後日までとなりました。

ぜひご覧ください。お待ちしております。

紅型の染帯に、久米島紬の組み合わせ、いかがですか?

「た」

↓いつもクリックして下さる方、ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ