もうだいぶ前のことになりますが
お店に母が出ていた頃、いつも着物姿だったのですが
着物や帯を買い求める時、
問屋さんに「軽いもの!」と必ずリクエストしてました。
そのときは「帯や着物くらい、大して変わらないでしょ」
くらいにしか思わなかったのですが。
最近の傾向として、お客様に聞いても女将に聞いても
同じように「あまり重いものはいや」とおっしゃる方が
多くなってきた気がします。
ヒートテックのような軽くて質の良いものが
増えて軽いものに慣れてきたせいもあるのかもしれません。
でも呉服業界は今でも
裏地や反物の重さにこだわって
この裏地、反物は「目付(反物や裏地の重さ)が違う」
などと言うセールストークがいまだに健在です。
そういう私もつい最近まで、そう思ってました。
目付のある、しっかりしたものをおすすめする方が、
お客様の為だと思っていたのです。
近年「これ、一度着たら目裂けするんじゃないの?」
と思うような極薄の振袖もたくさん出回っていますが
(軽さを目指したわけじゃないと思います)
それは別として
あまり厚みがあって重い着物も敬遠する方も
増えてきていることを、頭に入れておかなければなりません。
品質と軽さのバランスが難しいところです。
「た」
↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ