こんばんは。 

今日から9月だというのに、暑い日でした。

いったい、いつになったら涼しくなるのでしょうか。

今日は「館山唐棧」のご紹介です。

細手の木綿糸を天然の草木で染めた縞柄模様の織物。

昔ながらの技法で現在も製造しているのは、

「館山唐棧」だけだそうです。

細い糸で織っているせいか、しなやかで

絹織物のような光沢があります。

綿織物なので、綿や麻の帯を使いたいところですが

正絹の帯をもってきても負けません。

お買いあげいただいたお客様は、

塩瀬の染帯や洒落袋(お洒落物用袋帯)の方が

あわせやすいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

ここでは白地の正絹の帯をあわせてみました。

今日の唐棧や、「薩摩絣」のように光沢があり

高級感のある綿織物は、素材に合わせるより

生地の風合いにあわせた方が帯がしっくり来ることもあります。

「た」

↓いつも応援ありがとうございます。ランキング参加中です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ