先生向きの袴

今や卒業式の衣装となった袴姿。
大学生、短大生の卒業式だけではなく、今や小学生も多くの生徒が袴姿です。
教員の皆様も袴姿で教え子をおくりだしたいという方が増えています。
では教員の方が袴姿はどんなものが相応しいのでしょう。

定番は色無地に袴

色無地の他には、訪問や、付下げを選ばれる方もいらっしゃいます。
衿周りや、袖、肩に柄が入るので、無地よりは華やかな雰囲気になります。
ただ上前の柄が袴に隠れて見えなくなってしますので、
本来の訪問着を着たときのイメージとはだいぶ変わってきます。
飛び柄などあらたまった雰囲気の小紋を合わせるのも素敵です。

着物と袴の色合わせ、寸法

袴をお召になったことがある方はご存知だと思いますが
全体に占める袴の割合が多く、着物と袴の色の色合わせも重要です。
当店では着物決まったら、お好みで色々とコーディネートしていきます。
また身長は同じでも体格で袴丈が変わってくるので実際に合わせてみるのがおすすめです。
きもの本来の絹の着物は着心地もよく、派手さはなくても質感がカバーしてくれます。

学生向きの二尺袖はTPOを考えて

教員でも着てよいか、よく質問を受ける学生が着るような二尺袖=小振袖は
お若い先生なら
良いでしょうが、二〇代も半ばを過ぎたら避けたほうが無難だと思います。
地味好みな小学生も多いので、毎年、小学生の娘より
先生のほうがずっと派手だったというお母様のお声も聞きます。

大手のレンタル業者は、大学や小学校の卒業式袴レンタルがメインですので、
御年代幅が広く、専門知識がいることの多い教員向レンタルは扱いが無いところが多いようです。

コーディネートで安心

当店の袴レンタルはご年代、スタイルに合わせて色々ご用意。先生のお好みを伺いながら、
コーディネートしていきますので納得の袴姿になり安心です

卒業式間近はお忙しい時間をお過ごしになられるでしょうから
余裕を持って袴選びしてみてはいかがでしょう。

詳細/来店予約

 

 

 

 

前の記事

角帯