きものの本

きものに関した本、いろいろ出版されていますけど

きもの好きな皆さんだったら何冊もお持ちでしょうね。

有名なところでは季刊の婦人画報社の「美しいキモノ」。

確か私が小学生の頃にはすでに、母が購読していた記憶が。。

調べてみたら、昭和28年創刊。

すでに半世紀以上経つんですね。ほんとに老舗です。

きものの知識や、和裁に関した本ありそうで、結構少ないです。

最近は「きもの検定」が出来たので、

受験用の教本が何冊か出版されましたが

それくらいじゃないでしょうかね。

浴衣や振袖のヘアスタイルや、着こなしを載せた

雑誌は結構出てるんですけど。

きものの知識を勉強できるような本は、少なめです。

きものの本をお探しの方に、私のお薦めは古本屋です。

昔の本ですが、結構為になる掘り出し物があります。

花嫁修業(もうすでに死語か?)の一環だったんでしょう。

今のきもの本では、あまり触れられていない

和裁の知識や、きものの帯の格合わせTPOなど

結構勉強になることが載ってます。

古い本なので、ブックオフではほとんど100円!

載っているきものや、紙の質が超レトロなのも、なかなかです。

裏表紙に持ち主の名前が書いてあったり、

鉛筆で勉強のあとが残ってたりして、どんなひとだったのか

つい想像してしまいます。

五輪大橋のコーチャンフォーには

きものの本のコーナーがありますので、よく立ち寄ります。

中年のおっさんが、真剣に「きものの本」を見てたら

かなりの確率で私です。

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

今日ののれんの話

次の記事

自分の家紋