今は海外製のプレタゆかたが全盛ですが

かつて、ゆかたは反物で作るのが普通でした。

私が20代半ばくらいまでは、反物から誂える方のほうが

多かったと思います。(25年くらい前までか?)

お仕立てを承ることもありましたが

「おばあちゃんに頼む」とか

「近所のおばさんにやってもらいます」などの方も多く

まだまだ周りには、ゆかたくらいならお仕立てできる方が

多くいらしたのでしょう。

今でもときどき、「あ、高校の時やったことがあるので

トライしてみます」などと言われると嬉しくなります。

今はゆかたはたくさんの種類がありますが、

当時は紺地か白地が主流でした。

ときどきCMやドラマで女優さんやアイドルが着ると

思い出したように、白や紺のゆかたの注文が増えます。

我々世代には普通でも、お若い方には新鮮に映るのかもしれません。

さて今日の商品紹介は

東京本染、注染の白地のゆかたと同じく注染の子供用ゆかた反物です。

以前注文し染めてもらいました。

P1090387.JPG

P1090386.JPG

ぞうたんがついた子供用といっても用尺は大人と同じです

「た」
↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ