竺仙 奥州小紋

 

綿の反物なのに「奥州小紋」というだけあって

高級感があり浴衣と言うより、

綿のきものといった方が良いかもしれません。

 

DSC_0002

 

シックにちょっと粋にまさに大人の着こなしが出きます。

 

数日前のNHKの「サラメシ」という番組で相撲の呼び出しさんを

取り上げていたのだけど、街を触れ太鼓をならしながら

練り歩く先頭に、まさにこんな浴衣を着た

江戸風の粋なお姉さんが映っていたけど素敵だったなぁ。

 

相撲とか、歌舞伎とか、下町の祭りとか

東京には和服がぴったりの文化が沢山合って羨ましい!

札幌も花火大会以外にも、なにか和服で盛り上がるイベントがあると良いですね

「た」

↓↓↓いつもご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

 

前の記事

絽の染帯

次の記事

真綿の夏八寸帯