粋紗紬

夏の普段着としてとても人気のあった十日町の夏紬。

翠紗とか粋紗とか呼ばれ、夏の紬と言えばこれ!みたいな時期もありましたが、今はほとんど織られていないようであまり見かけなくなりました。
私も女将も絵絣の柄が好きなのですが、最近目にする夏紬は縞柄、格子柄が多く、たまにこういったなじみの柄を見かけるととてもうれしくなります。お値段も他の産地の夏の織物に比べるとお手頃です。

こういった高額でも安物でもない、普通の商品がどんどん姿を消しています。

帯 都、手織り夏八寸帯

本日もご覧いただきありがとうございます
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

次の記事

浴衣の居敷当